国指定重要文化財(寺院建築)

   国指定重要文化財(ホーム)>寺院建築

寺院建築:一覧

名 称
建築年
内 容
場 所
備 考
・円覚寺・室町中期・薬師堂厨子:入母屋、板葺き、白木造、純唐様・青森県西津軽郡深浦町 
・革秀寺・江戸時代・本堂(慶長年間):入母屋、茅葺、平入
・津軽為信霊屋(江戸時代初期):入母屋、妻入
・青森県弘前市藤代 
・長勝寺・江戸時代・本堂(慶長年間):入母屋、こけら葺、平入
・庫裏(慶長年間):入母屋、茅葺、平入
・三門(寛永6年):入母屋、とち葺、三間一戸
・御影堂(寛永6年):宝形造、銅板葺、方三間
・環月台(寛永5年):入母屋、こけら葺、方二間
・碧眼台(寛永8年):入母屋、こけら葺、方二間
・白雲台(寛永15年):入母屋、こけら葺、方二間
・明鏡台(明暦2年):入母屋、こけら葺、方二間
・凌雲台(宝暦3年):入母屋、こけら葺、方二間
・青森県弘前市西茂森 
・最勝院・寛文7年・五重塔:三間五重塔婆、銅板葺・青森県弘前市銅屋町 
・誓願寺・江戸初期・山門:切妻、妻入、こけら葺、二重四脚門・青森県弘前市新町 
・清水寺・天正9年・観音堂:宝形造、茅葺芝棟、方三間・青森県八戸市是川 
・三光寺・寛永8年・南部利康霊屋:入母屋、こけら葺、方二間・青森県三戸郡南部町 
・天台寺・江戸前期・本堂(観音堂:万治元年):入母屋、銅板葺、平入
・仁王門(明暦3年):切妻、三間一戸、八脚単層門
・岩手県二戸市浄法寺町 
・成島毘沙門堂・室町後期・毘沙門堂:宝形造、鉄板葺、方三間、向拝付・岩手県花巻市東和町 
・正法寺・江戸時代・本堂(文化8年):入母屋、茅葺、平入
・庫裏(文化4年):入母屋、茅葺、平入
・惣門(寛文5年):切妻、杉皮葺、四脚門
・鐘楼堂(江戸末期):宝形造、鉄板葺、二層一重
・岩手県奥州市
・水沢区黒石
 
・中尊寺・室町中期・金色堂旧覆堂:宝形造、方五間・岩手県平泉町衣関 
・ ・ ・ ・  
山寺立石寺・室町中期・立石寺中堂:入母屋、銅板葺、平入、五間堂・山形県山形市山寺
楞厳寺・室町時・山門:切妻、茅葺、一間一戸、四脚門・茨城県笠間市片庭
定勝寺・安土桃山
〜江戸初
・本堂(慶長3年):入母屋、書院造、銅板葺、平入
・山門(万治4年):切妻、桧皮葺、四脚門
・庫裏(承応3年):切妻、書院造、銅板葺、妻入
・長野県木曽郡大桑村木曽路
・盛蓮寺観音堂・室町後期・寄棟、銅板葺、桁行3間、梁間3間・長野県大町市社千国街道
・松尾寺本堂・室町末期・寄棟、銅板葺、平入、桁行5間、梁間5間・長野県安曇野市千国街道
光前寺弁天堂・天正4年・入母屋、銅板葺、平入、桁行1、梁間1間
・内部に室町時代末期制作の厨子が設置
・長野県駒ヶ根市赤穂 
布引観音宮殿・正嘉2年・厨子建築、単層入母屋、板葺、桁行1間、梁間1間、梅鉢懸魚・長野県小諸市大久保
乙宝寺三重塔・元和6年・三重塔婆、棟梁:京都住小島近江守藤原吉正・新潟県胎内市乙 
・ ・ ・ ・ 
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「国指定重要文化財(建造物)」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。